HOME > report > エプソンのエントランスを空間演出

エプソンのエントランスを空間演出
イベント名

エプソンのエントランスを空間演出

開催日

2017年9月26日

開催場所

新オフィスエントランス プレスリリースにて

開催概要

360度映像に囲まれた圧倒的大画面で、お客様に「驚きや感動」をご提供。

エレベーターホールに17台、ショールーム受付に12台のプロジェクターを用い、360度プロジェクションマッピングの空間演出を行いました。
センサーを用いたインタラクティブな遊び要素も取り入れています。
企画、提案、プランニング、機材選定、設置等、仮設常設問わないトータルプロデュースのタケナカは、お客様に寄り添い、常に新しい空間演出をご提供します。

エプソンの中期事業戦略を体現した、新しい受付エントランスの実現。

エプソンでは「Exceed Your Vision」と掲げ、お客様に「驚きや感動」をお届けすることを約束されています。
それらをお客様に直接お伝えできる場が少ないとのことで、会社の顔となるオフィスエントランスでエプソンの中期事業戦略を体現したいとご依頼いただきました。
そこで我々は、「EPSON Globe -EPSONが創ってきた地球、そして未来の地球-」をテーマとした空間演出をご提案しました。
「Nature」「Contemporary」「Art」と3パートに分け、それぞれ「エプソンの歴史」「世界に通じるエプソン」「エプソンの高感度」を表現しました。
また、エレベーターホールからショールームへと繋がった演出をすることで、29Fを訪れたお客様が自然とショールームまで足を運びたくなるような仕組みもご提案しました。

29台ものプロジェクターを利用した、360度マッピング

今回360°映像に囲まれたマッピング演出を実現するに当たり、エレベーターホールとショールーム受付という狭い空間、かつ空調設備や建物の梁などの干渉物が多く、プロジェクターの設置位置が限られているオフィスの中に、29台ものプロジェクターを使用する必要がありました。
エレベーターホールの床面には水が流れ、エプソンのコア技術がショールームへ流れていきます、それを辿ってショールームに入ると、エプソンの製品が組み上がり、現れます。映像を見ながら、自然とお客様をショールームにご案内することが可能となっています。

エプソンのエントランスを空間演出
エプソンのエントランスを空間演出
エプソンのエントランスを空間演出
 
 
 
Copyright 2009 BEAMPAINTING. All Rights Reserved.